強くしなやかに

今は得た知識を基に思っていることを書いています。

思ったこと

この連休は図書館へ行ったり、本屋に行ったり、とにかく本を読んで…後は一日一つデザートを美味しく食べて終わりました。

過去に、他の方のブログで紹介されていた本がありましたが、その時はぴんと来ず、今回は然るべきタイミングでまた別の方のブログでたまたま見て、読みはじめた本があります。

何とも怪しいタイトルですが…「神との対話」という本です(^^)/

読んでみて、その奥深さが分かりました!




今日はひさびさにきらきらさんから連絡をもらえました😊
連休は、お仕事で、大事な時だと聞いてはいました。

私は、自分の考えとして、自分も相手も自由というものを強く思っています。

相手が大変なときは、見守れる自分でいたい!と本当に思っています。
なので、連絡がないという状況をどうしたら、自分の精神面での課題として、克服できるか、それを模索しました。

私は、きらきらさんは信頼できる方と思っています。
よって、気持ちの面で不安になっても、大丈夫、自分が信頼している人なのだから。
と思うようにしました。

それでも、胸になんとなくざわつく感じはありました。
これも課題だなぁ、今は耐えることで自分の信念を行動にうつしているけれど、これを克服したいなぁ、と思いました。

何故、親、友達ならそんなこと思わないのに、恋愛だとそうなってしまうのでしょうか。
それは、大切な相手だから…という理由だけではないと思います。
なぜなら、親も友達も大切だからです。



さて、本を読み、一つ深く納得したことがあります。
他がなければ無だ、自分以外のほかとの関係があるから、自分は存在する、ということです。

この三連休誰とも遊びませんでしたが、言い換えれば無でした。(悪い意味ではありません)
社会に出れば、この人有り得ないと、感じる方もいます。
それも、相対的に感じることです。

今はいろんなことに気づき、自分自身の課題をあぶり出す時なのかもしれません。
淡々とした日々ではありますが、内観したいと思います。